障がい者グループホーム事業への参入が、進んでいます。

昨今は異業種や未経験者からの参入が、多いです。

 

あくまで当事務所がサポートするクライアントの話です。

それもそのはずで、経験者や業界のことがよくわかっている方は、行政書士やコンサルタントを使わなくても、開業できるからです。

 

必然的に、異業種や未経験からの参入をサポートする機会が増えます。

 

異業種や未経験からの参入は一般的に躊躇われる、リスクが大きいです。

しかし、障がい者福祉をはじめとする福祉業界は、まだまだ旧態依然とした業界である面があります。

 

まだまだサービス業になり切れていない事業所も、数多く存在します。

 

ですから、民間企業や未経験で開業される方が業界に新しい風を吹き込むことは、非常に良いと思っています。

守られた福祉業界が、異業種の参入で質の良いサービスに変化し活性化していけば、利用者である障がい者の福祉も向上していきます。

 

b266ed7a