障害者のグループホームが投資対象になる時代が、きました。

建設会社や設計事務所などが、開設や投資を呼び掛けている広告を、よく見かけます。

昔なら、考えられなかったのですが、それだけ収益性が高いのは間違いありません。

 

ただ、セミナーなどで話される収益モデルは、全てが上手くいっている状況での数字です。

対人サービスで、入居者次第で運営状況は全く異なります。

 

また、職員確保に非常に苦労しますので、オーナーになるつもりが、現場スタッフとして勤務せざるを得ない状況も十分にあり得ます。

儲かりそうだから、高収益で安定しているから、と参入するものではありません。

 

障害者の生活が豊かに、社会のためになる事業として取り組み、それで収益を上げられる素晴らしい事業だと考えて、参入してほしいと思います。

グループホームの数だけ増えて、質が伴わない状況は、避けたいところです。

 

補助金等には税金が投入されています。

グループホーム投資