法で定められた基準ではありませんので、近隣の反対があっても開業できるのが原則です。

しかし、実際には報道等であるように、近隣で激しい反対運動が起きて、開業が困難になったケースがあります。

 

行政窓口の多くは、反対があっても指定申請は下りますとの立場だと思います。

ただ、実際に申請する際には、近隣住民への説明を尽くしてください等の指示を受けます。

 

国が政策的に後押ししている事業ですから、概ねは開業できます。

反対運動が続いていても、開業できたケースがほとんどです。

 

誠意を尽くして説明を重ねれば、それほど神経質にならなくても大丈夫かと思っています。

当方の支援先は、すべて開業に成功しています。