過疎地、いわゆる人口減少地域は、建設とは関わりがありません。

あるとすれば、自治体との協議の際にニーズがない、補助する財源がないと言われる可能性があります。

 

建設と直接的に関わってくるのが、土地の関する都市計画法や農地法、建物については建築基準法等です。

土地によっては、河川法や車両制限法なども関わります。

 

各種法令の基準を満たせるのであれば、過疎地であっても建設はできます。

 

ただし、冒頭で述べましたが、ニーズがあるのかは重要です。

以前であれば、障害者施設は僻地に建設されるケースが多かったですが、最近では都市部でも建設されています。

 

障害への理解が出てきたのがありますし、行政も建設を推進しています。

 

やはり人口が多いほうが、ニーズも多いです。

障害者グループホーム開業