何をもって有望というのかわかりません。

が、高齢者福祉分野は競争が過熱していますので、障害福祉分野でもグループホームは競争過多になっていません。

 

特にグループホームは人員基準もそうですが、日中サービスと違って参入障壁が高いため、容易に参入できないため競争過多になるのはずっと先だと思います。

現時点では、入居者集めに苦労することはありません。

 

サービスは、まだまだ足りていません。

 

収益性、将来性は有望です。

ただし、福祉業界全体同様の悩みを抱えていますが、人員確保にはどこも苦労しています。

 

高齢者福祉事業を手掛けていた事業者からの参入が相次いでいますが、まだ障がい者グループホームがブルーオーシャンだからです。

今のうちに参入して先行者利益を得ようと考えている事業者は、多いです。