グループホームは、あくまでや夜間帯を過ごす場所になります。

利用者は日中、就労している方は職場へ、日中活動事業サービス利用者は生活介護、自立訓練、機能生活訓練、就労継続支援、就労移行支援など各自が事業所に通います。

そのため、日中は利用者は誰もいなくなるのが原則です。

 

しかし、グループホームを運営して年月が経つと、利用者が高齢化して疾病に罹ったり、日中活動を休む機会も多くなったりします。

その場合にホームに誰も居ないというのも危険な状況が、あり得ます。

 

反面、日中にそれなりの支援員を配置すると人件費が嵩みます。

経営者の判断が問われる場面です。

 

今後のグループホーム参入は、上記のような問題も含めて、事業計画を立てる必要があります。

 

事業計画