仰るとおりです。

事業を始めたい方の多くが、サビ菅集めに苦労します。

現在は経過措置が終わり、要件を満たすとともに、研修も終了していなければいけません。

 

そのため、事業者同士がサビ菅を取り合っています。

まして、これから新規に事業を行うのですから、既存の社会福祉法人などと条件を比較されます。

 

福利厚生や賞与面などに差がある求人と競い合って、人を確保するのです。

 

また、一例として、サビ菅を確保して指定申請を行った後に、サビ菅が急に退職してしまい申請を取り下げたケースもありました。

 

ですから、サビ菅には信用のおける、しっかりした人材を配置するようにしてください。

そのための待遇面は、多少色を付けてもよいと思います。

 

良いサビ菅を見つけられれば、事業も軌道に乗りやすいです。