細かいことを言い出すと切りがありませんが、誘導灯や火災警報器の設置、消火器の常備は必須です。

物件によってはスプリンクラーの設置を指示されることもあります。

 

また、立地によってはいざという時に消防車が転回できるスペースが確保できるようにとの指示が、あります。

管轄の消防によって変わりますので、目ぼしい物件が見つかり次第、消防と折衝したほうがいいでしょう。

 

予め防火工事についての予算は、取っておいてください。

障害者グループホーム開業