指定申請の基準では、必要とされていません。

ただし、配置した場合には夜間支援等体制加算が算定できます。

 

グループホーム開業当初は夜勤や宿直を置かなくて良かったとしても、入居者が年齢を重ねるにつれて、いずれは必要になってきます。

その際に収支が崩れる、人の確保ができなくならないように、事業計画を練って開業してください。

 

また、夜勤や宿直の配置があるほうが、入居者が集まりやすい面があります。

入居者や保護者からすれば、やはり安心だからです。

 

今はまだグループホーム自体が少ないですが、将来的に競争が激しくなってくると、選ばれるホームになるための努力は必要になります。

 

障害グループホーム夜勤職員